最も再現性の高いアフィリエイトとは?

田澤です。


本日は、僕がアフィリエイトを始めるきっかけになった手法に関しての説明を行いたいと思います。


僕は以前までアフィリエイトというものの存在自体は知っていましたが、正直なところ「アフィリエイトなんて不毛だ」と考えていました。


というのも、以前の僕のアフィリエイトに対するイメージとしては”アフィリエイトは基本的にブログやサイトを作って記事を書き、上位表示をさせて商品の広告を踏ませる”というものでした。


・在宅で出来る
・いつでもできる
・パソコン一台でできる
・コストがかからない


よく、上記がアフィリエイトのメリットとして挙げられますが、それは確かにアフィリエイトの仕組みを考えれば確かに間違いの無いことです。


ただ、その分どう考えても時間の費用対効果が低すぎると思っていたのです。


なぜなら、まず上位表示させるためのブログやサイトを作るだけでも、非常に労力がかかりますよね。


むしろ、ライバルサイトが強すぎる場合、どれだけがんばっても上位表示できないかもしれないのです。(また、有名商品であればその傾向は強いのです。)


そして、上位表示ができたとしても、その商品はそもそも”売れない商品”なのかもわかりません。


要するに、”やってみなければ稼げるかどうかわからない要素”があまりにも多すぎることが、アフィリエイトにおける大きな問題だと考えていたのです。


時間が無限にあるのであればやっても良いと思いますが、その作業が確実に収益につながるかどうか不明確なものに時間をかけることに対しては「非常にバカバカしい・・・」と思ってしまうのは僕だけでしょうか。


無駄な作業でも経験になる、いつか稼げるから無駄ではない、と言って自分で納得することができる方は良いのかもしれませんが、それならば”在宅”にこだわらず外に出てバイトでもした方が良いのではないかと僕は思ってしまいます。


だからこそ、当時は「アフィリエイトは不毛だ」と考えていたのです。


アフィリエイトを始めたきっかけ


僕がアフィリエイトに興味を持ち始めたのは本当に偶然のきっかけでした。


というのも、友人の友人に”アフィリエイトでそれなりに稼いでいる奴がいる”ということを耳にしたのです。


今は本当に”副業ブーム”ですから、それなりに僕も株やFXなどに興味を持っていましたし、「本業以外の収入を得たい」と思っていました。


しかし投資は少しリスクもあるということでためらいつつ、当時ちょうど”稼げる副業”を探している時期でもありました。


そこで、友人には”アフィリエイトで稼いでいるらしき人”を紹介してもらい、話をする機会を設定してもらったのです。



以下は、その時の会話の再現です。
※アフィリエイターAさんということにしておきます。



僕「アフィリエイトって、本当に稼げるのか?」

A「そうだね、でもサイトアフィリエイトなんかは厳しいと思うよ。」

僕「え?ブログとかに広告貼るのがアフィリエイトじゃねーの?」

A「俺はPPC広告使ってアフィリエイトで稼いでる。」

僕「ん??PPCって何・・・??どれくらい稼いでんの?」

A「うーん、だいたい毎月100万くらいかな?」

僕「え、マジ!?」

・・・・




今思えばこの会話こそが、僕がアフィリエイトを始めることになったきっかけの会話でした。


僕はその後AからPPCアフィリエイトという手法に関して詳しく話を聞き、「これならいける」と確信を感じたので、実際に行動に移してみることにしたのです。


なぜ、僕が以前まではアフィリエイトを否定していたのにも関わらず、PPCアフィリエイトを実践してみようと感じたのか。


次回の記事では詳しく、PPCアフィリエイトの手法に関して解説していきたいと思います。


続いてのテーマはこちら
>PPCアフィリエイトを推奨する理由

田澤雄輔無料メールマガジンのご紹介

tazawamagines


僕が学んできたネットビジネスで稼ぐための方法論、ノウハウを中心配信していくメールマガジンです。


また、有名起業家と共同開発してきたツールなども順次配布していきますので、巷に良くある”有料級のコンテンツ”などではなく、”実際に有料のコンテンツやツール”を無料で配信していきます。


ネットビジネスの正しい知識と取り組み方、最新情報などを公開していますので、興味のある方は是非ご登録下さい。

>ご登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:田澤雄輔

profile

本業はIT系技術職ですが、アフィリエイターとしても活動しています。
2014年にアフィリエイトを始めた、いわゆる”超後発組”です。
今後もマイペースにがんばっていきます。

>田澤雄輔の自己紹介

最近の投稿

このページの先頭へ