PPC広告文面の正しい書き方 PPCアフィリエイト

今日は、PPCアフィリエイトの広告文をテーマにして解説を行っていきたいと思います。


PPCアフィリエイトにおいて、”文章スキルは一切いらない”と謳われている教材も存在しますし、PPCアフィリエイトのメリットとして挙げられるポイントとしてはよくセールスレターにも登場するポイントです。


しかし、本当にそうでしょうか?


勿論、PPCアフィリエイトで稼ぐための本質はそこにはありません。


最も重要で重点的に考えなければいけない部分はキーワード選定などでしょう。


しかし、少し広告文を意識するだけでクリック率が大きく結果が変わることも十分にあります。


むしろ、この記事で説明していることは”最低限押さえておかなければならないポイント”です。


是非、広告文に関して今まであまり考えてこなかった、という方は是非参考にして下さい。


PPC広告文のポイント


PPC広告は、タイトル15文字、説明文19文字×2と、非常に文字数が限られていることを前提として考えなければなりません。


そして、その文字数が限られているということは、”伝えることができる内容も限られている”ことに他なりません。


それでは、何を意識して広告文を作成することが一番ベストなのでしょうか。


まず、よく初期段階でやってしまいがちなミスとしては、

伝えたいことを盛り込みすぎて、結果的に何も伝わってこない広告文

を作成してしまうことです。


確かに、売たいものがあったとして

・どんな人向けの商品か?
・どんな効果があるか?
・どんな実績があるか?
・お得感はあるか?

などなど、詰め込みたい要素が複数ある場合があります。


しかし、重要なことはたくさんの情報を詰め込むことではありません。


本当に重要なこととは、

その広告をどんなユーザーに向けて出稿するのか?というターゲットの設定と、そのターゲットへどんな感情を抱かせたいか?

という広告の目的を、文面作成の前にしっかりと自分の中で固めることなのです。


要するに、そもそも商品に興味がある人をターゲットとして設定した広告文面を作成するのであれば、どんな人向けの商品か?などという情報は必要無いことがわかると思います。


そして逆に、そのターゲットであればどんな内容を書けば反応が取れるか?ということは簡単に考えることができるはずなのです。


このように、最も重視すべき点は

”ターゲットとそのユーザーにどのような感情を抱かせれば反応が取れるか?を考え、目的を明確にした上で広告文面を書く意識を持つ”

ということなのです。


興味を引く文面を作成する


もう少し補足ですが、特にPPC広告の場合、基本的にその文章で売るということを目的に考えない場合がほとんどです。


PPCアフィリエイターが考えなければいけないことは、いかに反応を取ってクリックをさせるか、というそれ以外にはありません。


すなわち、多くのPPC広告の目的は”興味を引かせること”です。


意図したターゲットの興味を引くことができれば間違い無くクリック率は上がり、それに比例して報酬は積み上がっていきますからね。


ですので、まず「うまく書けない」と悩んでいる方は、ターゲットを設定した上で、どうしたら興味を引いてクリックが増えるか?を考えてみて下さい。



それでは、もし何かPPCアフィリエイトに関してご不明な点や悩みがあれば、アドバイスをさせて頂きますのでいつでもご連絡を頂ければと思います。


続いてのテーマ
>リスティングNG案件で稼ぐ方法?

田澤雄輔無料メールマガジンのご紹介

tazawamagines


僕が学んできたネットビジネスで稼ぐための方法論、ノウハウを中心配信していくメールマガジンです。


また、有名起業家と共同開発してきたツールなども順次配布していきますので、巷に良くある”有料級のコンテンツ”などではなく、”実際に有料のコンテンツやツール”を無料で配信していきます。


ネットビジネスの正しい知識と取り組み方、最新情報などを公開していますので、興味のある方は是非ご登録下さい。

>ご登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:田澤雄輔

profile

本業はIT系技術職ですが、アフィリエイターとしても活動しています。
2014年にアフィリエイトを始めた、いわゆる”超後発組”です。
今後もマイペースにがんばっていきます。

>田澤雄輔の自己紹介

最近の投稿

このページの先頭へ