目的への到達方法

「努力は裏切らない」という言葉があります。


素晴らしい言葉です。


努力を自己目的化してしまっている方、つまり「結果は気にせず、努力さえできれば満足だ」という方にとっては勇気付けられる言葉なのかもしれません。


しかし、努力は目的ではなく、”目的を達成するための手段”であることを忘れないで下さい。


従って、目的を達成する為にする努力のための”行動量”も重要ですが、もっと重要なことは”方向性”です。


ただひたすら何も考えず、闇雲に努力するということは、ドバイへの行き方が全く分からないにも関わらず、日本からドバイへ行こうとするようなものです。


つまり目的地への行き方も分からず、ただ闇雲に進むということは、実は目的地に近づくどころか、むしろ遠のいている可能性すらあり得るわけですね。


もちろん”努力”は距離と違って、基本的には”積み重ねていくもの”なので、マイナスになることはよほどのことがなければ無いとは思いますが・・・。


ですので、今回僕が言いたいことのひとつは、”目的地への行き方を知ること”ももちろん重要とは言え、まず目的地へ行くためには”目的地がどこなのか?”を知る必要があるということです。


当たり前の話ではありますが、これができていないケースは非常に多い印象です。


ちなみに、当たり前のことなのに何故出来ない方が多いんでしょうか?


ちょっと哲学的な話になりますが、人間は”初期設定を良いもの”と思ってしまう性質が組み込まれているからでしょう。


”初期設定”とは文字通りそのままですが、何もしなくても最初から設定してあるデフォルト値です。


身近なもので言うと”パソコンの設定”などは、何もしなくても最初から設定してありますよね。


その”初期設定”は、後からパソコンの所有者が自分の使いやすいよう、設定を変えることができます。


しかし、その”設定”は変えられますが、パソコンに詳しくない人間が所有者の場合、”自分で設定するよりも初期設定の方が良い”と思ってしまうものなんですね。


大体イメージはできたかと思いますが、もう1つ面白い話を思い出したので書いておきましょう。


”臓器提供意思表示カード”の話です。


ご存知とは思いますが、”臓器提供意思表示カード”というのは、自分が死んだ時に臓器を提供するかどうか意思を記しておくカードのことです。


この”臓器提供意思表示カード”は世界各国にありますが、なぜか臓器を提供する意思を示した人が極端に多い国と、臓器を提供する意思を示した人が極端に少ないという2つの国があるという報告があります。


この2つの国は、宗教的にも人種的にも社会制度的にもほとんど違いはありません。


それにもかかわらずなぜ全く反対の結果が出たのか?


カードの”初期設定”に秘密があったんですね。


臓器を提供する人が多かった国というのは、「臓器を提供しない場合は、カードのここにチェックを入れて下さい」と書いてあるカードで、提供する人が少なかった国は「臓器を提供する場合は、カードのここにチェックを入れて下さい」と書いてあったわけです。


”初期設定”を良いと思ってしまう人間の性ですね。


また、ここからは完全に僕の予想ですが、人間は「臓器を提供すべきか?」などの難しい問題に直面した場合、そういう”問題”を直視したがらない傾向にあると思っています。


だから、その問題を考えるのをやめて”何もしない”という選択肢を取るということです。


ただ”臓器提供意思表示カード”を持っている人に対し、なぜ「臓器を提供する」または「臓器を提供しない」という選択をしたのかと聞くと答えてくれるでしょう。


「どうせ死ぬなら、人の役に立ちたい」や「臓器を提供するとどうなるか分からないから、家族に迷惑をかける」などそれらしい答えは、返ってくるでしょう。


しかし「人の役に立ちたい」などの理由は、質問されてから考えた答えなのであって、その理由があったからその選択肢を選んだわけでは無いはずです。


もちろん、臓器提供について深く関わっている方だったり、こういった活動に積極的な方だったりするごく少数の方は、理由が先にあって選択肢を選んでいるとは思いますが・・・


おっと、だいぶ話が脱線しましたね(笑)


ここで話を戻しますが、なぜ多くの人は”目的地への道筋”を知らずに闇雲に進むのかという話でした。


それは”初期設定”を親や教師などの周りの環境が、本人が考えている目的地にかかわらず「そこそこの高校へ行って、そこそこの大学へ行く、そこそこの会社に入る」という目的地に設定するからだと思うのです。


もちろん、これは”安定”こそが幸福であると信じている人間が、”幸福であって欲しい”という願望から設定していることなので、悪気があるわけではありません。


しかし、これは”普通の初期設定”ではなく”強烈な初期設定”だと僕は思っています。


パソコンの設定などとは違い、初期設定を変えて自分の好きな目的地に設定するには大きな決断と覚悟が必要です。


大きな決断と覚悟が必要だからこそ、そんな”初期設定”に従ってしまっていれば、いつしか自分の目的地が曖昧になってしまうということですね。


楽をして周りが勧めることに従ってしまうのではなく、もう一度「自分が本当にしたいことは何か」ということを考えて、それを達成するには何をしなければならないのかを考える必要があると常々僕は考えています。

田澤雄輔無料メールマガジンのご紹介

tazawamagines


僕が学んできたネットビジネスで稼ぐための方法論、ノウハウを中心配信していくメールマガジンです。


また、有名起業家と共同開発してきたツールなども順次配布していきますので、巷に良くある”有料級のコンテンツ”などではなく、”実際に有料のコンテンツやツール”を無料で配信していきます。


ネットビジネスの正しい知識と取り組み方、最新情報などを公開していますので、興味のある方は是非ご登録下さい。

>ご登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:田澤雄輔

profile

本業はIT系技術職ですが、アフィリエイターとしても活動しています。
2014年にアフィリエイトを始めた、いわゆる”超後発組”です。
今後もマイペースにがんばっていきます。

>田澤雄輔の自己紹介

最近の投稿

このページの先頭へ