物々交換とは少し違う”お金の価値”について

僕達が”お金を使うとき”には、実は色々なことを考えています。


その代表格が”機会費用”と呼ばれるものになります。


機会費用とは、”他の選択肢を選んでいた時の利益”と表現すればわかりやすいでしょうか。


つまり、買っているお菓子を数日我慢すれば本が買える。


お菓子を数個買うか、本を買うかどちらがいいのかを考えるというようなことです。


ただ、本当にお菓子一つやコーヒーを一杯飲む時に、逐一こんな面倒臭いことを考えているわけではありません。


人間がこういうことを考える場合というのは、使えるお金に”上限”があるからです。


例えば、買い物を言った時、母親に「お菓子は300円まで」と言われ、ガムとチョコを買ったらを買ったら、グミが買えない、ガムとグミを買ったらチョコが買えない・・・こんな風に悩んだ経験がある方は多いと思うのです。


上記は非常に幼稚な例ですが、これと同じことが一般的な家庭には起こっています。


先ほどのお菓子の例と同じように、社会人になると給料が1ヶ月分ポンッ入り、その給料で1ヶ月生活するわけですからね。


高級焼肉ばかりを食べていれば、当然のことながら後の生活が苦しくなります。


だからこそ、考えて生活しなければならないのです。


しかし先程のお菓子の例とと大きく違うのは、1ヶ月先という長期的な視点で考える必要があるため”より複雑な問題”になり、考えることが難しくなるという点ですね。


その上、ローン、クレジットカードなどがあるために、自分で使えるお金の上限がわかりにくくなっているのが実状です。


さらに人間という生き物は、”ジャンルを超えて思考する”という行動が苦手です。


つまり、お菓子の時はグミ(お菓子)とチョコ(お菓子)を比べるだけですから簡単です。


しかし、食費と交通費、娯楽費などジャンルの違う様々なものを比較して考えることは、実はとても難しいということですね。


お金の相対性

次はお金の”相対性”についてです。


例えば、自分で凄く良いと思った2000円の手袋を持ち、レジへ向かっているところに友人がやって来たとしましょう。


「その手袋買うの?同じ手袋が500メートル先の店で1000円で売ってたよ。」と言われれば、すぐにその店を出て500m先の店で手袋を買いますよね。


次は、自分が1000万円の家を買おうとしている例を考えてみましょう。


そのとき、他の大工さんが「うちなら1000円安く作れます。500メートル先の店まで来て下さい。」と言ってきたらどうしますか?


多分、500メートル先の店まで行きませんよね。(ドケチな人は、行くかもしれませんが、一般的な人は行かないと思います)


家も手袋も”1000円安くなるということには変わりないのに”です。


ですが2000円のものを買うときには、1000円が貴重に見えても1000万円の物を買うとなると、1000円くらいはどうでもよくなるのです。


これが”お金の相対性”です。


またこれは、お金を追加するときにも同じ現象が起こります。


例えば、1000万の家を凝ったデザインにすると+50万円と言われても「まあ50万ならいいか」となりますが、300円のコーヒーに+1000円するとケーキが1つついてくると言われても「え・・・ケーキ1つ1000円」となるわけです。


価値の相対性

これに関連した話として”価値の相対性”という考え方もあります。


よくテレビショッピングなどでも「2万円の商品が特別価格で1万円に!」なんていっていますよね。


あれは、商品の価値は変わらないのに買う値段が安くなるので、相対的に「その商品の価値が上がりましたよ」ということなんですね。


つまり、最初は商品の質の割には高く値段を設定しておいて、元々売ろうとしていた値段に下げるだけで商品の価値が相対的に上がるというわけです。


一番やってはいけないことは”この逆”ですね。


例えば、新しい商品を売ることにしました。


すると予想を上回る売れ行きでした。


しかし、人気があるからといって値上げをしてはいけません。


なぜなら、それは消費者の中では最初に見たその安い値段が「妥当だ、当然だ」となっているからです。


こう思っている商品が、値上げをすることによって「ふざけるな!高すぎる!」と、当然ながらなるわけです。


これをやって一気に売り上げが落ちた大企業が最近ありましたよね・・・(笑)

田澤雄輔無料メールマガジンのご紹介

tazawamagines


僕が学んできたネットビジネスで稼ぐための方法論、ノウハウを中心配信していくメールマガジンです。


また、有名起業家と共同開発してきたツールなども順次配布していきますので、巷に良くある”有料級のコンテンツ”などではなく、”実際に有料のコンテンツやツール”を無料で配信していきます。


ネットビジネスの正しい知識と取り組み方、最新情報などを公開していますので、興味のある方は是非ご登録下さい。

>ご登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:田澤雄輔

profile

本業はIT系技術職ですが、アフィリエイターとしても活動しています。
2014年にアフィリエイトを始めた、いわゆる”超後発組”です。
今後もマイペースにがんばっていきます。

>田澤雄輔の自己紹介

最近の投稿

このページの先頭へ