最後の手段?

僕はだいたい自分のことは何をするにしても遅いんです。


文章を書くのも、文章を読むのも、プログラムコードを書くのも、プログラムコードを読むのも遅いんです。(まあじっくり考えながらやっていると良いように取ってもってもいいですが)


よく考えてみると他の人と書くスピードとか比べたことがないので気のせいかもしれません笑


まあ自分の予想よりは少し遅いわけですから、遅いってことにしておきましょう。


ただ、いつも遅いのかと言われるとそんなことはなくて、ある条件だと早くなります。


それは

「戦闘民族の宇宙人みたいに怒り?」

「どっかのヒーローみたいに何かを食べるとか?」

「仮面のヒーローみたいにベルト?」


もちろん、全部違います。


その条件とは、、、


「追い込まれる」ことです。


急にダサいような気もしますが、現実はそんなもんでしょう。


「あと一時間で家を出ないといけない」とか「人に頼まれているプログラムを作らないといけない」とか自分以外の人に急かされると嫌でも集中力が高くなって早くなります。(たぶんクオリティーも下がってないと思いますし)


どこかに「追い込まれたらやる」みたいな効果の名前があったような気がするんですが、分からないので勝手に「お尻の火効果」と名前をつけときます。


「お尻の火症候群」の方がいいでしょうか?


まあ違いがよく分からないのでどっちでも良いですか笑


それも1つの方法


一人で普通にやると怠けるとまでは言いませんが、「少しくらい良いかな」という気持ちになりがちだと思います。


なので自分でしっかりと時間制限を作って、「キッチリこの時間にやろう」と意識してやっていると時間通りにできるようになってくるはずです。


もし時間内にできなければ、上からタライでも落ちてくるシステムを作ると良いかもしれません。


その作り上げた「タライ落としシステム」を見た受験生に頼まれて作ってあげると、日本中で評判になって、累計3000万台を発売する大きな会社になるはずです。


そんなことは置いといて、一人だとどうしても怠けがちなので他の人と一緒に仕事をしてみたりして、自分だけじゃなくて相手の人の迷惑にならないようにすると良いかもしれません。


ただ、そんないつも宿題に追われるような毎日は嫌だと思うので、目的をハッキリもってモチベーションを上げるのも良いと思います。

田澤雄輔無料メールマガジンのご紹介

tazawamagines


僕が学んできたネットビジネスで稼ぐための方法論、ノウハウを中心配信していくメールマガジンです。


また、有名起業家と共同開発してきたツールなども順次配布していきますので、巷に良くある”有料級のコンテンツ”などではなく、”実際に有料のコンテンツやツール”を無料で配信していきます。


ネットビジネスの正しい知識と取り組み方、最新情報などを公開していますので、興味のある方は是非ご登録下さい。

>ご登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:田澤雄輔

profile

本業はIT系技術職ですが、アフィリエイターとしても活動しています。
2014年にアフィリエイトを始めた、いわゆる”超後発組”です。
今後もマイペースにがんばっていきます。

>田澤雄輔の自己紹介

このページの先頭へ